函館バス 時刻表

函館バスの時刻表や、函館バス、観光バスについて紹介します。 函館市バス時刻表や、函館バスの路線図や料金などもご案内します。

函館の定期観光バス

函館に着いたら、やはり観光ですよね。

観光地に行く交通手段は、もうお決まりでしょうか?

はじめて、函館観光に来た方にとって交通アクセスは悩みの種ですよね。

乗車券を買う場所はどこにあるのかや、市バスが良いのか、あるいは市電がよいのか、乗り換えはどうすれば良いのかなど、迷ってしまいますよね。

それなら、函館の観光名所がはじめからセットされてる定期観光バスのバスツアーがいいですよ。

函館は、五稜郭をはじめ、とにかく観光名所が多いですよね。

もちろん、新鮮な海の幸をはじめとする、食べ物も楽しみの一つです。

そういった観光スポットを効率よく巡るなら函館定期観光バス
おすすめです。

函館バスや北都交通、檜山観光バスといった函館市のバス会社が運行する定期観光バスは、函館夜景を中心にした観光コースをはじめ、いろいろなコースがあるので、便利だと思います。

それに、定期観光バスには、函館に詳しいガイドさんが付いて案内
してくれますので、はじめて函館観光に来た人や、ひとり旅の方で
も安心して楽しく観光地めぐりができると思います。

なお、各コースの詳細や、バスの出発時刻、所要時間などは公式サイトをご覧下さい。

函館
定期観光バスで楽しい旅をご堪能ください。(^^)

函館の夜景 ロープウェイシャトルバス

函館の観光名所と言えば、函館山からの夜景だと思います。

函館に観光に行くなら、まずは押さえておきたい観光スポットです。

日本では、神戸や長崎と並んで夜景の美しい場所として函館は有名です。

さて、函館山までの交通手段ですが、函館駅から行くのであれば、
函館バスが運行している函館山登山バスがオススメです。

函館駅前という乗り場(4番のりば)から、登山バスに乗車すれば、函館山まで行くことが出来ます。

山頂に行くのであれば、ロープウェイシャトルバスがおすすめです。

こちらは、函館駅前(4番のりば)から函館山ロープウェイまでの所要時間は11分、函館山ロープウェイから山頂までは3分で到着予定です。

函館バス時刻表を見ると夕方6時からは30分間隔で発車しています
ので、わりと待たずに乗車できると思います。

観光シーズンは、大変混雑していますが、函館山ロープウェイは
どんどん出てるのですぐに乗れると思いますよ。

函館に行って、夜景を見ずに帰るのはもったいないですよ。

なお、函館の夜景を見るには観光バスや、バスツアーもありますので
じゃらんなどで検索してみてはいかがでしょうか。

フェリー前から函館駅に行くには「函館バス」が便利です

函館にはフェリーで来る人もいると思いますが、そこから函館駅に
行くにはどうすればいいのでしょうか?

まず、フェリーターミナル前に、函館バスの「フェリー前」という
バス停があります。

そこから、函館バス16系統(北大線)の五稜郭経由、日吉営業所前行き
に乗車します。

そのバスで五稜郭まで乗車し、降りる際、乗務員に「市電に乗り継いで、函館駅前まで行きたい」と言って『乗り継ぎ券』を発行してもらいましょう。

フェリー前から五稜郭までの「函館バス 料金」は、乗り継ぎ料金を含め、270円になると思います。

函館バスを降りたら「五稜郭公園前」から函館駅前方面行きの市電に乗車します。

行き先は、「どっく(どつく)前行き」もしくは「谷地頭行き」のどちらでもいいと思います。所要時間は16分です。運賃は『乗り継ぎ券』プラス20円になると思います。

なを、乗継乗車券は発行してから2時間まで有効なので注意が必要です。

また、乗換乗車券は、種類がたくさんあって系統や停留所、発行月日や曜日、時間帯によってさまざまなデザインあるので、収集するマニアの方もいるようです。

フェリーでお越しの際はぜひ、函館市バス、市電をご利用下さい。

函館バス 昭和営業所

函館バス 昭和営業所は、2002年4月に、函館市交通局から移管された、
函館バスの営業所です。

その際、函館バス昭和出張所(昭和ターミナル)と統合されました。

このため、函館市営バスと函館バスの路線を統合した系統が
多いのが特徴です。

函館バスは、以前は「函館市営バス」と呼ばれていたわけですが、
旧市営バスの路線では、行先として「昭和営業所」が使われています。

もともと、函館バス路線だった路線では、引き続き行き先は「昭和ターミナル」となっています。

函館バス昭和営業所が運行する路線の一つに、鍛治・桐花・白鳥線
(かじ・とうか・しらとりせん)があります。読み方がむずかしい
ですよね。

2006年4月に新設された、この路線では運行経路や発着地によって異なる系統番号が与えられています。

主な路線は函館駅~五稜郭~昭和営業所前を経由し函館駅に戻る系統
で、だいたい20~40分間隔で運行されています。

他にも、LED方向幕の車輛で運行する中の沢鍛治線や、上陣川線などが
あります。

また、シャトルバスの運行もしています。

なお、昭和ターミナルの土地には、アミューズメントビルが建設され
る予定で、函館バスでは、乗客減少に歯止めがかからない函館バスの
救世主となるのか注目したいと思います。

函館バスの営業所には、空港循環線(とびっこ)を管轄する「日吉営業所」や「函館営業者」があり、そのほかに6つの出張所があります。

函館に行った時は、交通手段としておおいに活用したいですね。

函館市営バス

函館市営バスは、いわゆる函館バスの旧名称で、函館市交通局が
2003年3月31日まで行っていた路線バスです。

函館市交通局は現在、函館市営バスを函館バスに完全に移管し、
市電や路面電車などの電車事業のみをしています。

函館市営バスでは、バスロケーションシステムを導入していました。

これは、他のバス会社でも良く使われているので特に珍しくはない
ですが、パソコンや携帯電話でバスの現在地が分るところが良いと思います。

あとどのくらいでバスがくるのかとか予測がつくので、バス停で
いらいらしなくていいですし、目的地までの予測時間もわかるの
で便利ですよね。

その後、函館市バスのバスロケーションシステムは函館バスに
引き継がれましたが、かなり古くなったため2006年に使用を終了
しています。

なお、函館バスでは、インターネットを利用した時刻表検索や
バス接近情報検索などの新サービスを展開しているので、ご利用
になられてはいかがでしょうか。

函館バス 時刻表カテゴリー項目一覧

函館 観光バス

函館の定期観光バス

函館バス

函館の夜景 ロープウェイシャトルバス フェリー前から函館駅に行くには「函館バス」が便利です 函館バスの運賃や時刻表

函館バス とびっこ

函館バス とびっこ

函館バス 営業所

函館バス 昭和営業所

函館市営バス

函館市営バス


函館バス 時刻表のおすすめ!

函館の定期観光バス

函館に着いたら、やはり観光ですよね。

観光地に行く交通手段は、もうお決まりでしょうか?

はじめて、函館観光に来た方にとって交通アクセスは悩みの種ですよね。

乗車券を買う場所はどこにあるのかや、市バスが良いのか、あるいは市電がよいのか、乗り換えはどうすれば良いのかなど、迷ってしまいますよね。

それなら、函館の観光名所がはじめからセットされてる定期観光バスのバスツアーがいいですよ。

函館は、五稜郭をはじめ、とにかく観光名所が多いですよね。

もちろん、新鮮な海の幸をはじめとする、食べ物も楽しみの一つです。

そういった観光スポットを効率よく巡るなら函館定期観光バス
おすすめです。

函館バスや北都交通、檜山観光バスといった函館市のバス会社が運行する定期観光バスは、函館夜景を中心にした観光コースをはじめ、いろいろなコースがあるので、便利だと思います。

それに、定期観光バスには、函館に詳しいガイドさんが付いて案内
してくれますので、はじめて函館観光に来た人や、ひとり旅の方で
も安心して楽しく観光地めぐりができると思います。

なお、各コースの詳細や、バスの出発時刻、所要時間などは公式サイトをご覧下さい。

函館
定期観光バスで楽しい旅をご堪能ください。(^^)

函館バスの時刻表や、函館バス、観光バスについて紹介します。 函館市バス時刻表や、函館バスの路線図や料金などもご案内します。


函館バス 時刻表 Pick Up!

函館の観光名所と言えば、函館山からの夜景だと思います。

函館に観光に行くなら、まずは押さえておきたい観光スポットです。

日本では、神戸や長崎と並んで夜景の美しい場所として函館は有名です。

さて、函館山までの交通手段ですが、函館駅から行くのであれば、
函館バスが運行している函館山登山バスがオススメです。

函館駅前という乗り場(4番のりば)から、登山バスに乗車すれば、函館山まで行くことが出来ます。

山頂に行くのであれば、ロープウェイシャトルバスがおすすめです。

こちらは、函館駅前(4番のりば)から函館山ロープウェイまでの所要時間は11分、函館山ロープウェイから山頂までは3分で到着予定です。

函館バス時刻表を見ると夕方6時からは30分間隔で発車しています
ので、わりと待たずに乗車できると思います。

観光シーズンは、大変混雑していますが、函館山ロープウェイは
どんどん出てるのですぐに乗れると思いますよ。

函館に行って、夜景を見ずに帰るのはもったいないですよ。

なお、函館の夜景を見るには観光バスや、バスツアーもありますので
じゃらんなどで検索してみてはいかがでしょうか。

函館にはフェリーで来る人もいると思いますが、そこから函館駅に
行くにはどうすればいいのでしょうか?

まず、フェリーターミナル前に、函館バスの「フェリー前」という
バス停があります。

そこから、函館バス16系統(北大線)の五稜郭経由、日吉営業所前行き
に乗車します。

そのバスで五稜郭まで乗車し、降りる際、乗務員に「市電に乗り継いで、函館駅前まで行きたい」と言って『乗り継ぎ券』を発行してもらいましょう。

フェリー前から五稜郭までの「函館バス 料金」は、乗り継ぎ料金を含め、270円になると思います。

函館バスを降りたら「五稜郭公園前」から函館駅前方面行きの市電に乗車します。

行き先は、「どっく(どつく)前行き」もしくは「谷地頭行き」のどちらでもいいと思います。所要時間は16分です。運賃は『乗り継ぎ券』プラス20円になると思います。

なを、乗継乗車券は発行してから2時間まで有効なので注意が必要です。

また、乗換乗車券は、種類がたくさんあって系統や停留所、発行月日や曜日、時間帯によってさまざまなデザインあるので、収集するマニアの方もいるようです。

フェリーでお越しの際はぜひ、函館市バス、市電をご利用下さい。

函館バス 昭和営業所は、2002年4月に、函館市交通局から移管された、
函館バスの営業所です。

その際、函館バス昭和出張所(昭和ターミナル)と統合されました。

このため、函館市営バスと函館バスの路線を統合した系統が
多いのが特徴です。

函館バスは、以前は「函館市営バス」と呼ばれていたわけですが、
旧市営バスの路線では、行先として「昭和営業所」が使われています。

もともと、函館バス路線だった路線では、引き続き行き先は「昭和ターミナル」となっています。

函館バス昭和営業所が運行する路線の一つに、鍛治・桐花・白鳥線
(かじ・とうか・しらとりせん)があります。読み方がむずかしい
ですよね。

2006年4月に新設された、この路線では運行経路や発着地によって異なる系統番号が与えられています。

主な路線は函館駅~五稜郭~昭和営業所前を経由し函館駅に戻る系統
で、だいたい20~40分間隔で運行されています。

他にも、LED方向幕の車輛で運行する中の沢鍛治線や、上陣川線などが
あります。

また、シャトルバスの運行もしています。

なお、昭和ターミナルの土地には、アミューズメントビルが建設され
る予定で、函館バスでは、乗客減少に歯止めがかからない函館バスの
救世主となるのか注目したいと思います。

函館バスの営業所には、空港循環線(とびっこ)を管轄する「日吉営業所」や「函館営業者」があり、そのほかに6つの出張所があります。

函館に行った時は、交通手段としておおいに活用したいですね。

函館市営バスは、いわゆる函館バスの旧名称で、函館市交通局が
2003年3月31日まで行っていた路線バスです。

函館市交通局は現在、函館市営バスを函館バスに完全に移管し、
市電や路面電車などの電車事業のみをしています。

函館市営バスでは、バスロケーションシステムを導入していました。

これは、他のバス会社でも良く使われているので特に珍しくはない
ですが、パソコンや携帯電話でバスの現在地が分るところが良いと思います。

あとどのくらいでバスがくるのかとか予測がつくので、バス停で
いらいらしなくていいですし、目的地までの予測時間もわかるの
で便利ですよね。

その後、函館市バスのバスロケーションシステムは函館バスに
引き継がれましたが、かなり古くなったため2006年に使用を終了
しています。

なお、函館バスでは、インターネットを利用した時刻表検索や
バス接近情報検索などの新サービスを展開しているので、ご利用
になられてはいかがでしょうか。